巨樹巨木巡礼の写真家 鎮守の杜の旅人 

           渡邊 典博のHPへようこそ

              森厳影向 神樹巡礼

影向。

神仏が仮の姿となって現れること。

巨木、巨岩、山、森、滝、岬、その他。

目には見えないが確かに存在する何かを感じたとき、

遠い昔から神と言ったり、仏と言ったりしてきた。

親鸞はこのひかりを無碍光、不可思議光と名付けた。

先祖達は神木を立て森の恵みによって生活をしてきた。

物質文明にあこがれて巨樹を切り倒し

白熱の太陽の中に出ていった人は

どこへ向い何をしようとしているのか。

山を削り、海を埋め、宇宙の富を奪い破壊して止まる事をしらず、

心は渇き切って荒んでいる。

居場所を失くした人々はやすらぎを願い、

生誕の地八百万の神々が住みたまう山や森の清浄な地域や

神木・聖地のある神社・仏閣などへ

心の拠り所を求めて彷徨うているのではないか。

 

渡辺典博

巨樹巨木巡礼の写真家 鎮守の杜の旅人 渡邊典博です。

巨木の写真を撮り始めて30年以上の月日がたちました。

3000本以上の巨木を撮影いたしました。

また現在の撮影テーマは“鎮守の杜と御神木”、そし自然神信仰の姿を追った“原始の社”

韓国や台湾にも撮影に行っております。

 

巨樹巨木、鎮守の杜と御神木に関するコンサルティングをおこなっています。

巨木や鎮守の杜に関する情報がほしい方、雑誌等の連載に巨木や鎮守の杜を載せたい方。

なんでもお気軽にご相談ください。 

また、皆様からの巨樹巨木、鎮守の杜情報もおまちしています。

 

*******************

いつも 巨樹巨木巡礼の写真家 渡邊典博のホームページおよびブログをご覧いただき誠にありがとうございます。渡辺典博写真アート事務所です。

 

2015年6月2日 渡邊典博は 永遠の旅路へ、神の杜へ、最愛の妻の元へと旅立ちました。(この日は妻 紀子75回目の誕生日でした)ここに生前の御厚情を深謝いたします。

 

写真家の肉体は滅びましたが、その魂は写真に残っています。HP等を通じ、作品を発表していくことが写真家への何よりの供養になるかと思います。これからもこのHPやブログを続けていきますので、どうぞお時間ある時にはのぞいてみてください。そして、写真を通じて、写真家の思いを感じ取っていただけると幸いでございます。

 

今まで大変お世話になりました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

渡辺典博写真アート事務所 一同

☆新着情報☆

 

リンク を更新しました。 『巨木学』 宮誠而 さんHP

★最新のブログ★

2017年

6月

02日

2度目の命日

孫の描いたじいじの似顔絵。アヒル口な口元がそっくりです。これも棺に入れてあげました。
孫の描いたじいじの似顔絵。アヒル口な口元がそっくりです。これも棺に入れてあげました。

こんにちは。巨樹巨木巡礼の写真家 渡邊典博写真事務所です。今日 6月2日は写真家2回目の命日となります。あの日から早いもので2年経ち、あのとき産まれたばかりだった4人目の孫も、すっかり大きくなり、元気にそこらじゅうを走り回っています。亡くなる前後のこと、その後1年くらいのごたごたを思うと、長かったような、短かったような。。。時間の流れは偉大なものです。

 

山と渓谷社より、命日に合わせるかのように、印税の案内がきました。確か、二年前も亡くなる前日に郵送で届いて、臨終直前の枕元に持参し、棺にも入れてあげたのでした。

というのも、印税というお金がいただけることは本当にありがたいことなのですが、何よりうれしいことは、すでに出版から18年経った本を、いまだに必要としてくれ、電子書籍としてDLしてくださる方が沢山いるということです。(本としては完売しております。)これこそまさに、写真家の肉体は滅びましたが、その魂の表れである”写真”は残り、いまなお多くの方の役に立っているという何よりの証拠ではないでしょうか?それが写真家にとっても何よりうれしいことでしょうし、何よりの供養になるかと思います。直接お会いする機会はなかなかございませんが、読者の皆さま本当にありがとうございます。

先の話ですが、そのうち、巨木だけでない未発表の作品も含めて、[渡辺典博 回顧展]を開きたいと思っています。そしてゆくゆくは、巨木記念館?渡辺典博写真館?のようないつでも写真家の写真や、道具に触れ合えるような記念館を作りたいと思っております。まだまだ夢の段階ではありますが、こうして写真家の写真を必要としてくださる方々に作品をお届けしていきたいと思います。それまでどうか、気長におつき合いくださいませ。それでは、今日は家族でゆっくり写真家を偲びたいと思います。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

6月2日は妻、紀子の誕生日でもあります。生きていれば76才でした。
6月2日は妻、紀子の誕生日でもあります。生きていれば76才でした。
生後12日目の4番目の孫と最初で最後の対面
生後12日目の4番目の孫と最初で最後の対面

What's New

リンクに 『巨木学』 宮誠而さんHP 追加しました。