2015年

2月

23日

巨樹巨木100選 『久米の五枝の松 沖縄』 No,2

沖縄の二大名松のひとつ。もう一つは伊平屋島の『念頭平松』こちらも見事です。
沖縄の二大名松のひとつ。もう一つは伊平屋島の『念頭平松』こちらも見事です。

こんにちは。巨樹巨木巡礼の写真家 渡辺典博です。

 

春めいてきましたね。早速私の花粉センサーが反応?!しばらく花粉症とのつき合いが続きそうです。さて、巨樹巨木100選 2回目は『久米の五枝の松』(沖縄県)です。

 

久米島の北西に位置する上江洲集落にある。リュウキュウマツ(オキナワマツ)は琉球列島に広く分布し、成長するとふつうは樹高が20mにもなるが、五枝の松は横に伸びることを選んだようで、高さは6mほどしかない。代わりに主幹の根元から分かれた5本の大枝が波打つように地を這って横に伸び、見事な傘型の樹形を作っている。枝張りは500平方mにも及ぶ。近年に台風による塩害やシロアリの被害も見られるため、樹木医による治療が行われている。

18世紀の初期に農業の神様である土帝君(トゥティークン)を祀るために植えられたと伝えられているが、代々この地方の地頭職を務めた上江洲しの「家記」によると1839年(天保10年)に2代目の松に植え替えたという記録が残っている。

 

うねうねと自由に枝を伸ばす様子は、久米島の名所として大切にされている様子が伝わり、うれしい一本。近年保護活動が高まり、もっともっと長生きしてもらいたいですね!

 

次回は『名護のひんぷんガジュマル 沖縄』です!

 

※※※ 商品のご案内 ※※※

お好きなお写真をお手元に置きませんか?

自然界の大先輩、巨樹巨木のパワーをいつも身近に感じそのパワーを得ることが出来ます。

お気軽にお問い合わせください!!

樹高6m
幹周 4m
樹種 リュウキュウマツ
推定樹齢 170年
2000/4/12 撮影

沖縄県久米島町
国指定天然記念物


What's New

リンクに 『巨木学』 宮誠而さんHP 追加しました。