竹の子

鹿嶋の家には竹やぶがあり

毎年たくさんの竹の子が顔を出します。

雨後の竹の子とはよくいったもので

一日見ないだけで、あちらこちらからにょきにょき顔を出し、

成長の早さに驚かされます。

 

今年は、孫や弟夫婦も集まり竹の子掘りをしました。

小さいもの大きいものあわせて30本以上とれました。

かなり掘りがいがありました。

 

掘った竹の子は早速あく抜きをして料理します。

掘りたての特徴をいかして、

お刺身や、木の芽和え、煮物にもちろん竹の子ご飯も

まさに竹の子尽くしの食卓となりました。

則良宮司も加わり、みんなで楽しく初夏の旬の味を堪能しました。

 

竹の子といえば、私の亡き母です。

亡き母は大変気前のいい人で、人に何かを上げるのが大好きな人でした。

ところが、なぜか、竹の子だけは別なのです。

庭で咲いた花や、収穫した野菜や果物は

人によろこんであげるのに、竹の子だけは嫌がります。

確かに早朝、こっそり竹の子を掘りにくる人がいたようで

母はそれが悔しかったのかもしれませんが、

この季節になると、毎日のように朝から電話がかかってきて

「竹の子はどうなってるんだい?!」

「竹の子はいつ堀りにくるんだい?!」といわれたものでした。

それを我家では“竹の子病”と呼んでいました。

 

母亡き後も竹の子は毎年顔を出します。

今年も、母の思い出とともに竹の子をおいしくいただきました。

What's New

リンクに 『巨木学』 宮誠而さんHP 追加しました。